【New!】LUのポッキーIntense塩味と塩キャラメル味!

【New!】LUのポッキーIntense塩味と塩キャラメル味!

フランスの老舗お菓子メーカーLUから
新しいポッキー(フランスではMIKADOって名づけられてます)が
発売されたので買ってみました!
Intense系チョコ味。
このIntense→濃い系が何でも出てきていて
最近このIntense系が流行っている様子。

こちらはカカオのプリッツにダークチョコがかかってます。
ダーク系チョコが好きな人だけでなく、結構大人だと
好きな味かも。
というのもダークチョコの中にも時々塩味が楽しめて、
材料にナッツ系が入っているような味にも感じます(でも入ってなかった)。

塩キャラメル味。個人的にはコチラがお気に入り!
もう一つのがプレーン味に感じるほど、こちらはキャラメルが加わっているだけなのに
いろんな味がする気がします。
キャラメル味は駄菓子と思えない本格的な味なのが嬉しい。塩味も
とてもいい加減のバランスです。
どちらも大人向けのポッキーです。

ところで、LUという製菓メーカー聞いたことがありますか?
ブルターニュ地方のナントという街に1846年からある
メーカーです。
LUというのは、創始者である二人のビスケット職人の
Jean-Romain Lefèvre et Pauline-Isabelle Utile
さんの名前を合わせてつけられました。
そういえば、フランスの学校でマーケティングの授業の時に
LUの話が出て、覚えやすくてロゴにも印象に残りやすいのは
マーケティング的にはとてもいい例だと習いました。
1900年代には、世界パリ万博でもグランプリをとったほど
昔から名を馳せていました。
今ではどのスーパーでもLUの商品がたくさん並んでいるほど
人気のクッキーをいろいろと取り揃えています。

このブルターニュ地方は、モンサンミッシェルのクッキーなどを
始め、いろんな製菓メーカーが集まっています。
どうしてかというと?
バターの産地から近いので、作るのがとても便利なのですね。
塩の産地ゲランドもありますし、チョコやクッキーだけでなく
バターの入ったものは何でも美味しいんです。
例えば、駅前のフツーのカフェのクロワッサンとかバタートーストが
すっごくおいしかったりとかなりレベルの高い地域です。

こちらは、グリコのマークが入っていたので
よくパッケージを見てみると、江崎グリコのライセンス商品でした。

なるほど・・・。お互いのいい特徴を上手く合わさっていて
私は好きです。
それにしても、ミカドって名前はすごいけど、
ポッキーは意味が通じないし、日本らしさを残すということで
こういう名前になったのでしょうか?
フランス人にも人気のお菓子ですが、どちらかというと
大人向けっぽいイメージがあります。

https://www.lu.fr/lu/detente/toute-l-histoire-de-lu

お菓子カテゴリの最新記事

Translate »