【日本未上陸!おいしいパリのパン!】SECCO(元プージョラン)のクロワッサン

【日本未上陸!おいしいパリのパン!】SECCO(元プージョラン)のクロワッサン

何年か前まで7区にプージョランという有名なパン屋さんがあって
そこを引き継いだのがSECCO。レシピも以前のものと同じだそう。

ケーキも食べてみたいなぁ。。。

私の好きな味のクロワッサンで、
オデオン近くに行ったら、SECCOで迷わず買ってます。
バゲット好きな方からはプージョランと味が違うと言っている意見を
聞きましたが、私はバゲット派ではないのでそんな不服もなく、
こちらのクロワッサンは、”近所にあれば時々買いたいと思わせる味”
というのが私の率直な感想です。

クロワッサン 1.10€、チョコクロワッサン 1.30€
お店はリッチエリアにあるというのに、値段はリーズナブル。

バター度★★★★☆ 甘さ★★★☆☆ サクサク★★★☆☆ しっとり★★★☆☆

SECCOについて
ステファン・セッコさんは、チョコレートで有名なクリスチャン・コンスタン、老舗スイーツ店のストーレールで働き、
日本やロスにも行ったりした後、オテル・コストでパティシエ長を担当、
2003年に有名なパンやであるプージョラン(rue Jean Nicot)を引き継ぐことに。
そこからは次々とパリ左岸にお店をオープンし続けています。

ジャン・リュック プージョランは、1970年にパリに来て有名店でパン作りの修業を経て、
自身のお店をオープン(rue Jean Nicot)、パンとケーキの美味しい有名店で知られることとなりました。
今は、卸専門で200軒以上の有名レストラン(ジョエル・ロブション、エレン・ダローズ・・・)
や星付きビストロに卸している有名なスター的パン職人として活動しています。
シンガポールや香港にも卸しているのだとか。

私的には、セッコさんは経営肌でパティスリー色も強く、
プージョランさんはバゲット中心で自分の味を追求しているパン職人さんという気がします。

フォンダンショコラも定評があり、メディアにも取り上げられていました。
URLはこちらから↓ セッコさんの写真もあり

l’unique recette du moelleux au chocolat !


今度からはスイーツも一緒に買わないといけないな。特にチョコ系は必須かも。

SECCO
12 Rue Mabillon, 75006 Paris

Accueil

クロワッサンカテゴリの最新記事

Translate »