【クロワッサン好きなら一度は試したい】パンデジデ(Du Pain et Des Idées )のクロワッサン

【クロワッサン好きなら一度は試したい】パンデジデ(Du Pain et Des Idées )のクロワッサン

リパブリック広場近くのパンやさん。

映画に出てくるような、フランスっぽい雰囲気にうっとり。
あのエスカルゴパンもおいしそう。。。

   

 

クロワッサンもクラシックな感じで、外の薄い部分だけがカリッとしていて中はしっとりでした。

クロワッサン1.70ユーロ、チョコクロワッサン1.80ユーロと少し高めですが、
ここにはオーナーの情熱がぎっしり詰まっています。

バター度★★☆☆☆ 甘さ★★★☆☆ パリパリ感★★★★★ しっとり★★★★☆

オーナーのクリストフ・ヴァスールさんは、1967年生まれ。
貿易関係を勉強し、世界に股をかけるビジネスマンだったクリストフさんは
1999年に会社を退職、3年間の時間を費やしパン作りの資格取得や研究を重ねて
2002年に閉店していたパンやさんのお店を引き継ぎ、何と2008年には
有名ガイドブックのゴーミヨーがパリで一番おいしいパンやさんと掲載されるという大成功を成し遂げます!

こちらは、1870年から代々パンやとして引き継がれたという風情あふれる
ステキなお店。
クリストフさんは、まるで1900年のパンやさんに
タイムトリップしたような雰囲気を再現したくて、こちらの内装にも磨きをかけました。
また、今のパンやさんはスイーツも置いているのが普通ですが、こちらでは
昔のパンやさんのようにパンやデニッシュ系だけを置いていたり、昔ながらの製法で
自然な材料を使うというところまでこだわりを持っています。

作業も捏ね以外は手作業、材料は厳選した最高のもの、
焼くのも石質のものを使用しているという徹底ぶり。
となると値段も普通のパンやさんと同じというわけには
いかないですよね。ということでクロワッサンの値段にも納得。

パン職人さんって、大体十代の頃からパンやさんに
見習いして、その後独立する方が多いのですが
クリストフさんは両親もお医者さんの家に育ち貿易を勉強して、そこからパンやさんの
職人になるという逆パターンの方だからこそ
パンのこだわりや、フランスのパンの良さを引き継いだり
お店もまるでパンの博物館のようにしたのですね。

こちらのお店は混雑の時間でもないのに人がいっぱい
並んでいて、お昼すぎに行った私は一部品切れのものも
あったので、買いに行くなら午前中の早めに行った方がいいかも。
納得のいく味のものだけを置いているようなので
いろいろ試してみたいです。

Du Pain et Des Idées
34 rue Yves Toudic
75010 Paris
月~金 7:00AM- 8:00PM
休 土日
http://dupainetdesidees.com/index.php

クロワッサンカテゴリの最新記事

Translate »