【パリッパリ!】ラ・パリジェンヌのミルフィーユ!

【パリッパリ!】ラ・パリジェンヌのミルフィーユ!

心に残るミルフィーユって食べたことがありますか?
私は最近ミルフィーユにはまってて、美味しそうなのを
見つけたら試してます。
でもハズレが続く日々・・・。
テンション上がらないなーと思ってたところでした。

ピエールエルメは超おいしいけど少し重いので特別な時に食べたいし、
ジャック・ジュナンはサロンで食べるイメージなので持ち帰りで気軽に食べられる
ミルフィーユと思ったところ、5区のMaubert Mutualite駅近くにある
ラ・パリジェンヌのミルフィーユを試したところ、私好みで当たりでした!

パリッパリの生地にそこまで甘くないカスタードクリーム。バニラビーンズが
入ってたら最高なんですが、それでもまた食べたいおいしさ!
この生地、どうやって作るのか不思議です~。

その後も他のお店のミルフィーユもいくつか試したけど、見た目はいいけどパリパリ感なし。
縦っていうのも大事なポイントなのかな・・・。

ラ・パリジェンヌのサイトを見たところ、ミルフィーユはやはり他のメディアに取り上げられていました。
写真はちょっと私が食べたのとは違うけど、こちらの美味しさを共有できたようで
一方的ですが嬉しいと思ってしまいました。
そのメディアのサイトはコチラ(フランス語)↓

Nouvelles douceurs pour becs sucrés

というのもこちらは、バゲットが有名で、
ラ・パリジェンヌは、2016年にバゲットで一位を獲得ということで
掲載されている記事はほぼバゲットなんです。

オーナーのミカエルさんは、ノルマンディー地方出身でパリでパンの製法を学び、経験を積み
若干22歳でパン屋さんの共同経営者となります。
そして、その3年後にラ・パリジェンヌをオープンさせました。
そして地元の人が詰めかけるほど人気店に。

でも、なぜそんなに人気なのかというと?

それは伝統を生かした「自家製」だからです。

なるほど、その自家製のレシピと伝統の製法が
この美味しさの秘密だったのですね!

実は他のも頼んだのですが、バゲットも然りでどれも美味しいんですよ。
他にもサラダ、サンドイッチ、ビザなどなどありました。
レシピは毎日改良を重ねているそうなので、また次買う時が
楽しみです!

ラ・パリジェンヌは、最近どんどんお店が増えています。
私的には、下記にある住所のサンジェルマン通りがオススメですが
Rue Madame店も評判高いので良さそうですが、評判は場所によって
違うので一度チェックした方がよいかもしれません。

LA PARISIENNE Saint Germain
52 Boulevard Saint-Germain
75005 Paris

http://www.boulangerielaparisienne.com/

スイーツカテゴリの最新記事

Translate »